危険物乙4過去問題

性質・火災予防・消火

【第1問】

危険物を取り扱う地下埋設配管(鋼管)が腐食して危険物が漏洩する事故が発生している。この腐食の原因として最も考えにくいものは次のうちどれか。
  • 配管を埋設する際、工具が落下し被覆がはがれたのに気付かず埋設した。
  • コンクリート中に配管を埋設した。
  • 電気器具のアースを取るため銅の棒を地中に打ち込んだ際に、配管と銅の棒が接触した。
  • 配管を埋設した場所の近くに直流の電気設備を配置したため、瞑想電流の影響が大きくなった。
  • 地下水位が高く、常時配管の上部が乾燥し、下部が湿っていた。